肥料と農薬の赤城物産株式会社
赤城物産株式会社
HOME 企業情報 商品紹介 化成肥料とは 特約店募集 お問い合せ
HOME商品紹介除草剤 グリホエキス使用方法難防除雑草応用技術 > タケ
化成肥料
有機化成肥料
りん酸質肥料
各種肥料
除草剤 グリホエキス
農業機材



タケを枯らすポイント
散布時期(夏:6〜8月、秋:9〜11月)
希釈倍率(原液)
処理時期(完全落葉までの期間)
夏散布:3ヶ月、秋散布:6ヶ月 (モウソウチクの場合)
処理方法(竹1本に原液を10mL)


タケが枯れるまで(夏散布の場合)

(秋散布の場合は夏散布の場合より時間を要します。)

  1. 上記の処理方法で注入を行う。
  2. 1〜2ヶ月後、落葉を開始する。
    しばらくすると、注入口付近から変色しはじめ、葉が黄褐色に変色し落葉が始まります。
  3. 2〜5ヶ月、後完全に落葉する。
    竹は葉がなくなり、光合成が出来ないために枯れます。完全に落葉するとその後根まで枯れます。
  4. 8〜10ヶ月後、完全に枯れる。
    完全に枯れたタケは乾燥・腐食した状態になります。
※ 根まで枯れたタケは倒れやすくなっていますので、ご注意ください。
※ 処理タケから15m以内に発生した竹の子は食用にしないでください。
※ 立て札を立てたり、網囲いして、竹の子が採取されないようにしてください。

▲ページトップへ


個人情報保護方針