肥料と農薬の赤城物産株式会社
赤城物産株式会社
HOME 企業情報 商品紹介 化成肥料とは 特約店募集 お問い合せ
HOME商品紹介除草剤 グリホエキス使用方法 > Q&A
Q&A
化成肥料
有機化成肥料
りん酸質肥料
各種肥料
除草剤 グリホエキス
農業機材


よくある質問
Q1    グリホエキス液剤とはどのような除草剤なのか?
A1    グリホエキス液剤は、グリホサートイソプロピルアミン塩41%が主成分の 茎葉処理除草剤です。 農林水産省から農薬登録を受けており品質・安全性・効果が とても優れた除草剤です。しかも、、農耕地登録が取れております。 非選択性の除草剤ですので、撒いたところは基本枯れます。
Q2    除草効果が高い除草剤ですが、安全性についてはどうですか?
A2    有効成分の「グリホサート」はアミノ酸のグリシンと肥料にも使われるリン酸が結合したものです。 この成分は、食塩よりも毒性が低いです。(だからと言って、食用ではないので決して食べてはいけません。) 植物にしかない「シキミ酸経路」に作用し、アミノ酸を作れなくし、植物の成長を止めやがて枯死して いきます。この経路は、植物にしかなく、動物や人には無いので効果はありません。
Q3    グリホエキスをまいたら、土壌や水は汚染されないか?
A3    雑草にかからずに土壌に落ちたグリホエキスは、土の粒子に吸着され、不活性化し、その後土の中の微生物により、 水とアミノ酸と炭酸ガス等の無害な自然物に分解され、土壌及び地下水に影響を 及ぼすことは御座いません。 魚毒性についても、安全です。(毒性部類はA類です。)水に落ちた場合でも、すぐに拡散し影響のない濃度になります。
Q4    樹木の近くまでまくことは可能なのか?
A4    木質化した幹はや枝は、グリホエキスを吸収しないので樹木の根元付近まで散布することが可能です。 ただし、樹木の葉からは吸収する恐れがあるので散布の際は注意してください。また、幹や枝に傷などがあると そこから吸収する場合があります。
Q5    グリホエキス散布後は、すぐに苗の移植や種まきは可能なのか?
A6    土の中の微生物により分解され、7日から10日程度で無害化され残留いたしません。 安心して苗の移植や種まき等を行ってください。
Q6    いつ散布するのが効果的ですか?
A6    雑草の生育が30センチであるのが一番効果的です。 (但し、降雨時は不可。寒い時でもゆっくり根まで枯らします。)
▲ページトップへ


個人情報保護方針